M20

2007年6月13日
35cmシュミットカセグレン望遠鏡
レデューサー
合成焦点距離2485mm(F7)
露出15分を3枚コンポジット合成(加算平均)
キヤノンEOS kiss D
ISO1600

ホワイトバランス  オート
UIBAR&NRF-JPNフィルター

 電離水素のHⅡ領域の赤と星の光を反射するダストの青が織りなす世界・・・そして暗黒のダストの黒が赤い星雲を3つに引き裂いているように見えることから“三裂星雲”とよばれています。しかし、この写真からは4つに引き裂かれているように見えます。(いて座の散光星雲2200光年)